2021.03.06

一時支援金
2021年1月に発令された緊急事態宣言※1に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等の皆様に、「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」(一時支援金)を給付いたします。
中小法人等・上限60万円/個人事業者等・上限30万円

2021.03.06

新型コロナウイルス感染症対策経営力強化支援事業【緊急枠】(予定)
A:売上確保支援 (補助金)
飲食店、飲食関連事業を中心として、緊急事態宣言の再発令により影響を受けた県内中小企業等のみなさまに対して、補助限度額50万円(下限20万円)、補助率9/10以内。
B:国の一時支援金への上乗せ (給付金)
一時支援金(国)を受給した県内中小企業等のみなさまに対して給付金10万円。
※A:売上確保支援(補助金)、B:国の一時支援金への上乗せ(給付金)のいずれか一方のみ申請可能です。

2020.12.25

中⼩企業等事業再構築促進事業
令和2年度第3次補正予算案額【1兆1,485億円】
新型コロナウイルス感染症の影響が⻑期化し、当⾯の需要や売上の回復が期待し難い中、ポストコロナ・ウィズコロナの時代の経済社会の変化に対応するために中⼩企業等の事業再構築を⽀援することで、⽇本経済の構造転換を促すことが重要です。

2020.12.25

中⼩企業等事業再構築促進事業
令和2年度第3次補正予算案額【1兆1,485億円】
新型コロナウイルス感染症の影響が⻑期化し、当⾯の需要や売上の回復が期待し難い中、ポストコロナ・ウィズコロナの時代の経済社会の変化に対応するために中⼩企業等の事業再構築を⽀援することで、⽇本経済の構造転換を促すことが重要です。

2020.12.25

中⼩企業等事業再構築促進事業
令和2年度第3次補正予算案額【1兆1,485億円】
新型コロナウイルス感染症の影響が⻑期化し、当⾯の需要や売上の回復が期待し難い中、ポストコロナ・ウィズコロナの時代の経済社会の変化に対応するために中⼩企業等の事業再構築を⽀援することで、⽇本経済の構造転換を促すことが重要です。

2020.12.25

中⼩企業等事業再構築促進事業
令和2年度第3次補正予算案額【1兆1,485億円】
新型コロナウイルス感染症の影響が⻑期化し、当⾯の需要や売上の回復が期待し難い中、ポストコロナ・ウィズコロナの時代の経済社会の変化に対応するために中⼩企業等の事業再構築を⽀援することで、⽇本経済の構造転換を促すことが重要です。